Don't night say tuned!
JUNK STORY
hide 50th anniversaryに公開されたドキュメンタリー


20年くらいずっと好きじゃけど
今まで知らなかった新たな映像やエピソード満載の
めちゃくちゃかっこいい作品でした


多くの人が語っていたhideの人間性

その中でも特に印象に残ったのが
自分に関わってくれる人達を細かく観察し感謝していること
個々の才能を最大限に引き出す能力は
それもまた一つの飛び抜けた才能かもしれないが
みんなから自分も見られて、評価されていると実感してもらえるのは
自身の細かな気配りができるという性格が成し得ることかと
長い付き合いの人達が
「hideは決して人付き合いが上手い方ではなかった」
と語っていることからも、これは裏を返せば誰にでもできることだと思う

自分自身もそういった人に憧れるし
将来的にもっとそういう部分も伸ばしていきたい
そうすればきっと多くのものがついてきてくれるはず


作中で初めて細かく知ったのはzeppetの全米ツアーエピソード

ざっくりとzeppetを支援していた~くらいにしか知らなかったが
私費で一緒にライブハウスを回って
アメリカでオーディエンスをあっと言わせた姿をみて
会場の隅でニンマリし
帰りの車の中のラジオでzeppetがかかったことに歓喜して
zeppetの車に飛び乗ってきて号泣する姿をみて
私の涙腺も大決壊でしたわ、はい


とにかく、hideのことがずっと大好きな人も
最近知ってかっこいいなーと思っている人も
ピンク頭の怖い人ーと感じている(?)人も
いろんな人に観てもらいたい作品です


僕は最後にhideから
「またらいしゅー!」
と言われたのでまた来週も行ってきます!!


単独ぼぬす | えいが | コメント:0 | とらつくばつく:0 | top↑
<<【回顧】第22回平安ステークス(GIII) | (のヮの)<ワンタッチャボー | 【予想】5月24日(日) その他>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| (のヮの)<ワンタッチャボー |